2019年07月21日

申命記

申命記       

「特殊愛体認者に迫られる否定媒介的自覚」
 
旧約聖書の冒頭におかれた、創世記からこの申命記(モーセ五書とよばれている)を貫いて強調されている、選び主と選民との関係は、単に恵みという言葉では言い表わせない性格のものです。

「普遍愛」との対照で、「特殊愛」と言えます。

ことに、申命記では、「特殊愛」が全面的に強調されています。

申命記の原意が示すように、申命記は律法の再解明ですから、当然、先行する書の内容と重複するところ多々あります。

したがって、申命記の意図みるのには、その多くの共通点を超える「差異点」への視点が必要です。

@特殊愛体認者の迫られる畏敬(申命記1-11章)

イスラエルの偉大な指導者モーセの「白鳥の歌」ともよばれる申命記は、「選び主」から与えられた選民への特殊な恵みに対する驚きと讃美です。
それは、特殊愛を体認させられた者にして初めて可能な、溢れ出る感動の告白です。

アブラハムへの「約束」(神の「根源約束」、創世記12:1-3)が文字どおり歴史的現実となった今、モーセは、
「われわれの神、主は、われわれが呼び求める時、つねにわれわれに近くおられる。
いずれの大いなる国民に、このように近くおる神があるであろうか。
また、いずれの大いなる国民に、きょう、わたしがあなたがたの前に立てるこのすべての律法のような正しい定めと、おきてとがあるであろうか。
ただあなたはみずから慎み、またあなた自身をよく守りなさい。
そして目に見たことを忘れず、生きながらえている間、それらの事をあなたの心から離してはならない。
またそれらのことを、あなたの子孫に知らせなければならない」(申命記4:7以下)
と言い、さらに、
「試みにあなたの前に過ぎ去った日について問え。
神が地上に人を造られた日からこのかた、天のこの端から、かの端までに、かつてこのように大いなる事があったであろうか。
このようなことを聞いたことがあったであろうか。
火の中から語られる神の声をあなたが聞いたように、聞いてなお生きていた民がかつてあったであろうか」(申命記4:32以下)
とたたみかけています。

この律法の反復は、比類ない「特殊愛の体認者からの応答」を喚起することにほかなりません。

「あなたはあなたの神、主の聖なる民である。
あなたの神、主は地のおもてのすべての民のうちからあなたを選んで、自分の宝の民とされた。
主があなたがたを愛し、あなたがたを選ばれたのは、あなたがたがどの国民よりも数が多かったからではない。
あなたがたはよろずの民のうち、もっとも数の少ないものであった。
ただ主があなたがたを愛し、またあなたがたの先祖に誓われた誓いを守ろうとして、主は強い手をもってあなたがたを導き出し、奴隷の家から、エジプトの王パロの手から、あがない出されたのである」(申命記7:6以下)
とはーー選ばれる者のねうちによらず、選び主の自由に基づくーー無条件の恵みの担い手であることの自覚を喚起する言葉です。

四十年の荒野放浪も、それは「人がその子を訓練するよう」な愛に基づくものであり、「人はパンだけでは生きず、人は主の口から出るすべてのことばによって生きる」という最高、最深の真理を悟らせるためであったと教えています(申命記8:2以下)。

特殊愛の体認者として、つつしむべきことについては、
「あなたは心のうちに、
『自分の力と自分の手の働きで、わたしはこの富を得た』
と言ってはならない」
ことがくり返し強調されています(申命記8:17、9:4、9:6等)。

以上のことの要約ともいえる言葉として、
「イスラエルよ、今、あなたの神、主があなたに求められる事はなんであるか。
ただこれだけである。
すなわちあなたの神、主を恐れ、そのすべての道に歩んで、彼を愛し、心をつくし、精神をつくしてあなたの神、主に仕え、また、わたしがきょうあなたに命じる主の命令と定めとを守って、さいわいを得ることである」(申命記10:12以下)
といっています。

特殊愛の体認者の迫られる畏敬です。

A特殊愛における排他性と負債感(申命記12-26章)

⑴特殊愛の要請する排他性(申命記12-14章)

申命記の礼拝規定は「礼拝所の統一」です。

「あなたがたの神、主はその名を置くために、一つの場所を選ばれるであろう。
あなたがたはそこにわたしの命じる物をすべて携えて行かなければならない」(申命記12:5、12:11、12:14、12:18、12:21、12:26)
という命令がくり返されています。

出エジプトさせた「契約の主」の特殊愛は、他と並ぶ神ではなく、かけがえのない人格的排他性において、礼拝する者からの純一の応答を求めます。

「あなたがたのうちに預言者または夢みる者が起って、しるしや奇跡を示し、あなたに告げるそのしるしや奇跡が実現して、あなたがこれまで知らなかった
『ほかの神々に、われわれは従い仕えよう』
と言っても、あなたはーー
あなたがたの神、主はあなたがたが心をつくし、精神をつくして、あなたがたの神、主を愛するか、どうかを知ろうと、このようにあなたがたを試みられるからである。
あなたがたの神、主に従って歩み、彼を恐れ、その戒めを守り、その言葉に聞き従い、彼に仕え、彼につき従わなければならない」(申命記13:1以下)
と言われている、礼拝対象の人格的排他性を客観化するのが、この礼拝所の統一です。

B特殊愛の触発する負債感(申命記15-26章)
 
「あなたは七年の終りごとに、ゆるしを行わなければならない」
という言葉を初めとして、この部分には、社会的生活の指針が展開されていますが、その基本的理念は、レビ記に言及されていた、「ヨベルの年」の規定で、その基本理念を、日常生活万端に活用する勧めです。

レビ記の「ヨベルの年」の「ゆるし」(土地と人間の無条件的回復)についての言及と、申命記における言及とには、あきらかに差異がみられます。

レビ記では、規定は客観的な、詳細をきわめた記述であったのに対し、申命記では、選民を特別に祝福された者としての自覚に立たせるかのように、「しかし、あなたがたのうちに貧しい者はなくなるであろう。(あなたの神、主が嗣業として与えられる地で、あなたを祝福されるからである)」。

「あなたは心から彼に与えなければならない。
彼に与える時は惜しんではならない。
あなたの神、主はこの事のために、あなたをすべての事業と、手のすべての働きにおいて祝福されるからである」。
『すなわちあなたの神、主があなたを恵まれたように、彼に与えなければならない』」(申命記15:4、15:10、15:14等)
と言われ、その強調は、より多く祝福された者、より強い者は、より弱い者の弱さを負う、「負債感」の触発に、強調点がおかれています。

申命記が「約束の地」入国後の社会的規定において強調しているのは、
「みなし子とやもめのために正しいさばきを行い、また寄留の他国人を愛する」(申命記10:18-19)
ということですが、入国後の公同の告白とされている、
「わたしの先祖は、さすらいの一アラムびとでありましたが、わずかの人を連れてエジプトへ下って行って、その所に寄留し、ついにそこで大きく、強い、人数の多い国民になりました」
という言葉も、
「そしてあなたはそれ(地の実の初物)をあなたの神、主の前に置いて、あなたの神、主の前に礼拝し、あなたの神、主があなたとあなたの家とに賜わったすべての良い物をもって、レビびとおよびあなたのなかにいる寄留の他国人と共に喜び楽しまなければならない」(申命記26:5以下)
という奨励を添えられていることです。

C選民的自立の条件としての二者択一(申命記27-34章)

選ばれたイスラエルが出エジプトという歴史的、民族的経験を通し、更に荒野放浪の体験を通して訓練されたのは、奴隷状態から脱皮して、選民として自立させるためでした。

選民として自立するには、選ばれた者という、他者からのレッテル的確認ではなく、選民各自のうちに「選ばれて・選ぶ」という主体的決断の確立が決定的です。

そこには選民側の応答としては、選び主への服従か背反か、祝福か呪詛か、生か死かの二者択一しかないのです。

彼らがいよいよヨルダンを渡り終わった時点で、「ゲリジム山からは祝福」を、「エバル山からは呪詛」の言葉を語ることをモーセによって命じられていることも、二者択一的決断の緊急性を劇的効果をもって訴えたものです(申命記27:11以下)。

「見よ、わたしは、きょう、命とさいわい、および死と災をあなたの前に置いた。
すなわちわたしは、きょう、あなたにあなたの神、主を愛し、その道に歩み、その戒めと定めと、おきてを守ることを命じる。
それに従うならば、あなたは生きながらえ、その数は多くなるであろう。
ーーわたしは、きょう、天と地を呼んであなたがたに対する証人とする。
わたしは命と死および祝福とのろいをあなたの前に置いた」(申命記30:15以下、32章)
という烈々たる訴えの反復は、特殊愛の体認者イスラエルを、半世紀近い間背負いつつ、その尖端に立ってきた指導者のかけがえのない叫びとしてひびきます。

モーセの比類ない偉大さについては、
「イスラエルには、こののちモーセのような預言者は起らなかった。
モーセは主が顔を合わせて知られた者であった」(申命記34:10)
と多くの讃辞を惜しまない申命記が、
「主を聖なるものとして敬わなかった」メリバの水の事件の故に、モーセが「約束の地」をはるかに見渡すことは許されたが、主の予告どおり入国に先立って死んだことをしるしています。

読者の予想とは全く、くいちがう記述です。

聖書は、選民を選民であるが故に、「理想化」していません。
偉大な指導者モーセをさえも理想化していません。

選民は選民「の故に」、神をさし示させられるのではないのです。
聖書の評価によれば、神の「聖なること」は、モーセのような偉大な人物の失敗を通してさし示されなければならないほど、絶対に犯すことの出来ないものなのです。

選民とは、モーセと共に、選ばれた者なので、神の「聖なること」をさし示す否定媒介にすぎないのです。


posted by 道川勇雄 at 10:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


< ▲トップページへ戻る >
ツイッター始めました。お気軽にフォロー・コメントどうぞ。(Twitter)