2019年07月21日

ヨエル書

ヨエル書

「報復者の来臨に先行すべき神霊による万民総懺悔」 

ヨエル書は、隠れた神の支配を仰ぐことを、主の来臨の危機感に生きる生き方として警告しています。

主の来臨すなわち「主の日」は、諸民にとっては、「報復者来臨の日」であると同時に、選民にとっても「審判者来臨の日」に他ならないと言います。

@審判の日に耐えさせる懺悔のための神霊傾注(ヨエル書1-2章)

選民は祝福の兆しとしてゆたかな嗣業(産業)を与えられました。

しかしその嗣業も国土も選民の「安全保障」を意味しないのです。

それらは外敵の襲来にさらされ、「酒は尽き、油も絶える」資源喪失の難を免れられませんでした。

選民としては、その内外の危機を単なる政治的・物質的危機として見るべきではなく、隠れた歴史支配者の来臨切迫の兆しとして、より深い危機感ーー終末感に目ざめるべき警告として受けとり直さなければならないのです。

「ああ、その日はわざわいだ。
主の日は近く、全能者からの滅びのように来るからである。
われわれの目の前の食物は絶え、われわれの神の家から喜びと楽しみが絶えたではないか」

「わが聖なる山で警報を吹きならせ。
国の民はみな、ふるいわななけ。
主の日が来るからである。
それは近い。
これは暗く、薄暗い日、雲の群がるまっくらな日である」(ヨエル書1:15以下、2:1-11以下)。

主の来臨は、誰もこれに耐えることができないような、恐怖戦慄すべき日ですが、その予告の唯一の呼びかけは、選民総懺悔ということしかないのです。

「主は言われる。
『今からでも、あなたがたは心をつくし、断食と嘆きと、悲しみとをもってわたしに帰れ。
あなたがたは衣服ではなく、心を裂け』」

「神があるいは立ち返り、思いかえして祝福をその後に残し、素祭と潅祭とをあなたがたの神、主にささげさせられる事はないとだれが知るだろうか」(ヨエル書2:12以下)

【参考】
「素祭(そさい)」
神への贈り物、民数記28:5によれば、毎日朝夕2回、燔祭とともに祭壇に捧げる食物のことで、麦粉と油を混ぜたもの。
捕囚期以後は、夕ベの供物を捧げる時間を意味するようになり、エズラ書9:4-15では供物の代りに捧げる夕ベの祈りをさすようになりました。

「潅祭(かんさい)」
神の賛美,神への感謝,祈願,贖罪の目的でぶどう酒または水を祭壇に捧げることです。


ヨエル書での呼びかけは、万民総懺悔です。

これまでの預言者たちの警告は、「選民の指導者である祭司や宗教家」に向けられたものでした。

ところがヨエル書は、その冒頭から、
「老人たちよ、これを聞け。
すべてこの地に住む者よ、耳を傾けよ」
と呼びかけ、
「聖会を召集し、長老たちを集め、国の民をことごとくあなたがたの神、主の家に集め、主に向かって叫べ」(ヨエル書1:14)
と言われています。

しかも、万民総懺悔の徹底のためには、すべての者への神の霊の傾注が不可欠であることを予表するように、
「その後わたし(主)はわが霊をすべての肉なる者に注ぐ。
あなたがたのむすこ、娘は預言をし、あなたがたの老人たちは夢を見、あなたがたの若者たちは幻を見る。
その日わたしはまたわが霊をしもべ、はしために注ぐ」(ヨエル書2:28以下、使徒2章参照)
という注目すべき、万民への「聖霊降臨」の予告がしるされています。

【参考】
聖霊による教会創設の時、ペテロと11人は、このヨエル書を引用して悔い改めを求めました。

「『神がこう仰せになる。
終りの時には、わたしの霊をすべての人に注ごう。
そして、あなたがたのむすこ娘は預言をし、若者たちは幻を見、老人たちは夢を見るであろう。
その時には、わたしの男女の僕たちにもわたしの霊を注ごう。
そして彼らも預言をするであろう。
また、上では、天に奇跡を見せ、下では、地にしるしを、すなわち、血と火と立ちこめる煙とを、見せるであろう。
主の大いなる輝かしい日が来る前に、日はやみに月は血に変るであろう。
そのとき、主の名を呼び求める者は、みな救われるであろう。』
イスラエルの人たちよ、今わたしの語ることを聞きなさい。
あなたがたがよく知っているとおり、ナザレ人イエスは、神が彼をとおして、あなたがたの中で行われた数々の力あるわざと奇跡としるしとにより、神からつかわされた者であることを、あなたがたに示されたかたであった。
このイエスが渡されたのは神の定めた計画と予知とによるのであるが、あなたがたは彼を不法の人々の手で十字架につけて殺した。 神はこのイエスを死の苦しみから解き放って、よみがえらせたのである。
イエスが死に支配されているはずはなかったからである。」(使徒行伝 2:17-24)


A審判の日の報復を避けられぬ万民の危機(ヨエル書3章)

この部分は、
「見よ、わたし(主)がユダとエルサレムとの幸福をもとに返すその日、その時、わたしは万国の民を集めて、これをヨシャパテの谷に携えくだり、その所でわが民、わが嗣業であるイスラエルのために彼らをさばく。
彼らがわが民を諸国民のうちに散らして、わたしの地を分かち取ったからである」(ヨエル書3:1以下)
という言葉で、選民のための報復者の来臨の切迫を予告しています。

ヨエル書の終末感は、「選民への審判」と、「万民への報復」との緊張をその意図としています。

しかしそのような緊張的把握に耐えにくいのが人間です。

それは、イエスの宣教の「神の国は近づいた」という前半を、「悔い改め」と切り離してユダヤ人が理解し、また万人がそう受けとるところに、イエスの十字架が避けられないことで証明されています(マルコ1:5)。

【参考】(異邦人審判の規準)

ヨエル書は、イスラエルの具体的嗣業(産業)の回復を、人類への神霊傾注の先行条件とみていると同時に、「異邦人審判の規準」を、「対選民的態度」がどうであったかという点においています。

「異邦人審判の規準」は、異邦人が選民に対してどのような態度をとったかということです(同上、ヨエル3:1ー3)。

このヨエル書の「異邦人審判の基準」は、イエスの言葉にも反映されています。

「わたし(イエス)の弟子であるという名のゆえに、この小さい者のひとりに冷たい水一杯でも飲ませてくれる者は、よく言っておくが、決してその報いからもれることはない。」(マタイによる福音書 10:42)

また、参考として、使徒行伝5:12-14の、
「そのころ、多くのしるしと奇跡とが、次々に使徒たちの手により人々の中で行われた。
そして、一同は心を一つにして、ソロモンの廊に集まっていた。
ほかの者たちは、だれひとり、その交わりに入ろうとはしなかったが、民衆は彼らを尊敬していた。
しかし、主を信じて仲間に加わる者が、男女とも、ますます多くなってきた。」
ここにキリスト者を「尊敬」して立つという道があることを示しています。



posted by 道川勇雄 at 15:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


< ▲トップページへ戻る >
ツイッター始めました。お気軽にフォロー・コメントどうぞ。(Twitter)