2019年07月21日

テモテへの第一の手紙

テモテへの第一の手紙

「宣教者の良心的・社会的配慮」 

福音の証しは、対外的配慮によっても裏づけられていなければならないのです。

教会の首であるキリスト・イエスは、「ポンテオ・ピラトの面前でりっぱなあかしをなさった」(テモテへの第一の手紙6:13)ことに留意するべきであるという。

@信仰にふさわしい謹厳の指針(テモテへの第一の手紙1-4章)

およそ、無律法的な信仰生活はありえません。

人の陥りやすい不満、不信心、不品行等、不健全な生活を警告するために、律法は福音にとって不可欠な役目を担っています(テモテへの第一の手紙1:7-11)。

良心的配慮がなければ、信仰自身が破船します(テモテへの第一の手紙1:18-20)。

信仰者に不可欠なのは「謹厳」です(テモテへの第一の手紙2:2)。

信仰ある婦人にふさわしいことは、何にも増して慎み深くあることであり(テモテへの第一の手紙2:9以下)、監督、執事の第一条件も謹厳です(テモテへの第一の手紙3章)。

信仰の奥義は、要約すると、
「キリストは肉において現れ、霊において義とせられ、御使たちに見られ、諸国民の間に伝えられ、世界の中で信じられ、栄光のうちに天上に上げられた」(テモテへの第一の手紙3:16以下)
ということです。

肉をとるということは対外的に「見られる」者となることです。

外から「見られる」ことに耐えさせるもの、それは信仰者にふさわしい謹厳であるという。

A破壊的非難から免れさせる指針(テモテへの第一の手紙5-6章)

信仰者は極力不必要な外からの非難を招かないよう警戒すべきです(テモテへの第一の手紙5:7、5:12、5:14)。

指導者で罪を犯した場合は、
「ほかの人々も恐れをいだくに至るために、すべての人の前でその罪をとがむべきである」。

外からの非難やそしりを招かないということは、内側の癒着をはびこらせ、罪を隠蔽するためではないからです。

犯罪の審判にさいし、偏見や不公平は極力除かれなければならないのです。
「反対者にそしられるすきを作らない」ことの根本理由は「神のみ名と教とがそしりを受けないためである」ことを、心に銘記すべきです(テモテへの第一の手紙5:14、6:1)。

高慢な者、富んでいる者には、この教えは容易に浸透しません。

だが、この教えを無視する結果は恐ろしいことになります。
知性が腐り、真理にそむいていることにも気づかず、信心を利得と混同するというような到命的誤りに陥ります(テモテへの第一の手紙6:3、6:17以下)。

最後に、また「非難」を警告して、「神のみまえと、またポンテオ・ピラトの面前でりっぱなあかしをなさったキリスト・イエスのみまえで、あなたに命じる。わたしたちの主イエス・キリストの出現まで、その戒めを汚すことがなく、また、それを非難のないように守りなさい」(テモテへの第一の手紙6:13-14)と勧めます。


posted by 道川勇雄 at 15:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


< ▲トップページへ戻る >
ツイッター始めました。お気軽にフォロー・コメントどうぞ。(Twitter)